誰もが嫌がる脇下の匂い|ニキビ跡のクレーターを完全に消したい方必見
レディー

ニキビ跡のクレーターを完全に消したい方必見

誰もが嫌がる脇下の匂い

ウーマン

対策するための方法とは

嫌な臭いを発する「わきが」は、匂いだけでなく精神的にも辛い症状です。横浜においても自分での改善はとても難しく、病院やクリニックなど専門の医療機関による治療が必要です。今現在、わきがの一般的な治療はメスやはさみを利用した切開する手術があります。この方法は剪除法で、匂いの原因であるアポクリン腺を目視によって取り除く方法です。もちろん、局所麻酔をして行うため痛みもなく、横浜にある美容クリニック以外にも一般の病院でも治療が受けられる方法となっています。他にも、傷跡が少ないクアドラカット法があり、剪除法の4cm前後の切開とは違って、4mmから5mm程度の穴をあけてアポクリン腺を除去する方法です。次に、リスクが少なくメスを使わない方法としてボトックス注射があり、ボツリヌス菌によってアポクリン腺の動きを弱らせることで匂いを抑える効果が期待できます。今主流になりつつあるのがミラドライ治療法で、皮膚を切らずにアポクリン腺を破壊する医療用の最新機器です。傷跡が気になる方には大変人気の方法です。横浜でも、このようなわきがの治療方法や特徴があるので、自分に合った方法で改善することが望ましいでしょう。

不安材料の費用や仕上がり

横浜で、わきがの治療をする際、誰もが必ず費用を心配することでしょう。わきがの治療には、保険が効く剪除法とボトックス注射があります。剪除法であれば、一般の病院でも皮膚科や形成外科で扱ってくれて、保険も適用されます。もちろん、美容クリニックでも剪除法なら保険適用可能です。注意点としては、例え保険適用でも費用が高額になりがちになるため、前もってしっかり確認してから治療することが望ましいです。また、術後の綺麗さを求めるなら、一般病院より美容に特化しているクリニックの方が、仕上がりも美しく整います。クアドラカット法やミラドライによる方法では、保険は適用外なため費用面も25万から40万くらいと幅も広く高額になっているのがポイントです。しかし、その分リスクも少なく傷跡の心配もいらない点は、高額でも仕方のないことで、美しさまでも手に入れるメリットがあります。横浜で、わきがの治療をしてくれる医療機関はたくさんありますが、医師の経験や症例数などによって、仕上がりも変わってくることは間違いありません。レビューなども参考にしながら、費用面や治療方法、仕上がりの良さを考慮して、わきが対策をしていきましょう。